にほん果実

ホーム > CSR・企業市民として > 女性の活躍に関する情報

CSR・企業市民として

女性の活躍に関する情報

女性の活躍に関する情報

1.育児休業取得実績

女性
2009年11月21日~2010年3月31日
4ヶ月取得
2009年11月3日~2010年2月28日 
3ヶ月取得
2010年7月21日~2010年11月30日
4ヶ月取得
2011年4月5日~2012年1月31日
9ヶ月取得
2011年9月27日~2012年4月30日
7ヶ月取得
2011年11月24日~2012年3月31日
4ヶ月取得
2012年5月11日~2013年3月10日
9ヶ月取得
2012年6月5日~2013年3月31日
9ヶ月取得
2012年8月3日~2013年2月28日
6ヶ月取得
2013年12月14日~2014年10月19日
10ヶ月取得
2016年4月12日~2016年8月31日
4ヶ月取得
2016年4月13日~2017年2月16日
10ヶ月取得
2016年11月15日~2017年3月31日
4ヶ月取得
2018年3月8日~2019年1月9日
9ヶ月取得
2018年11月17日~2019年4月15日
4ヶ月取得
2019年1月29日~2019年12月2日
10ヶ月取得
2019年4月2日~2020年4月2日
12ヶ月取得
2019年12月17日~2021年
継続中
2020年3月14日~2020年9月14日
6ヶ月取得
2020年10月9日~2021年
継続中

 

男性

実績なし(今後取得に向けて取り組む)

  • 育児休業の取得がしやすいように、産休・育休取得者は、休みに入る前に自分の仕事の引継ぎ作業を行う。
  • 部署内の従業員にて、休業する従業員の仕事を分担する。部署内で分担できない場合は人員補充等を検討する。
  • 産休明けにて職場復帰しやすい環境づくりを行う。

上記のような対応策により育児休業を取りやすい環境づくりをおこなっている。

2.職業生活に関する機会の提供

労働者に占める女性労働者の割合

令和3年1月末現在

従業員数 443人

(男性)304人   (女性)139人  女性労働者割合:31.4%
            内(正社員)29.5%

             (事務関係25人)17.9%
             (生産関係114人)82.0%

3.職業生活と家庭生活との両立

男女の平均継続勤務年数の差異

令和3年1月末現在

平均勤続年数(男性):13年   

平均勤続年数(女性):11.5年

男女平均勤続年数:12.7年

更新日:2021年2月24日